【龍ケ崎周辺エリア】おすすめのスポージムランキング!女性や運動初心者の方まで安心して通うことができる人気ジムを紹介!

スポーツジムで着用する服装選びのポイントとは?注意点もチェック!

公開日:2022/04/15


今回は、スポーツジムで着用する服装選びのポイントと服装選びの注意点を紹介します。スポーツジムで自分の好きな服を着用してトレーニングしたいと思っている人は、まずはこちらの記事を読んでみてください。スポーツジムを気持ちよく利用するためにもポイントを押さえておきましょう。

スポーツジムで着用する服装選びのポイント

スポーツジムは体を動かす施設なので、動きやすい服装を心がけます。公共施設なので、臭い対策にも気を配るとよいでしょう。

動きやすい服装

トレーニングでは体を大きく動かすので、動きやすい服装を心がけましょう。ただし、サイズが大きければよいというわけではありません。ジャストフィットするサイズでトレーニングすると、ストレスなく過ごせるでしょう。

汗が乾きやすい服装

夏場のように汗をかきやすい季節は、汗が乾きやすい服装を選ぶようにしましょう。汗がトレーニングウェアに吸収されて、トレーニングウェアが体に張り付いてしまうような感覚や不快な臭いはトレーニング意欲を低下させます。とくに不快な臭いは周囲の利用者にも迷惑をかけるので、清潔感を保つような工夫をしましょう。

体温調節が可能な服装

季節の変わり目で暑くもなく寒くもない季節では、体温調節が可能な服装を用意しましょう。ほとんどのスポーツジムは冷暖房完備ですが、暑さや寒さの感じ方には個人差があります。体調を崩してしまわないようにあらかじめ備えておきましょう。

スポーツジムで着用する服装に関する注意点

スポーツジムでは、ジーンズを着用したままトレーニングすることや、シューズを履かずにサンダル、スリッパ、裸足で利用することは禁止です。

ジーンズは禁止

ジーンズは動きにくいですし、器具への色移りの原因にもなります。また、ジーンズの素材は硬いので、器具を傷つけてしまうこともあります。トレーニングウェアを忘れた場合はレンタルサービスを利用するか、スポーツジムの利用を控えるようにしましょう。

サンダル、スリッパ、裸足は禁止

サンダル、スリッパ、裸足でスポーツジムを利用してはいけません。手が滑って重りを足に落としてしまったときに、足を守るシューズを履いていないと怪我をしてしまうかもしれないからです。

またスポーツジムには、ダンベルやプレート、バーベルなどの器具が床に設置されていることが多いので、足をぶつけてしまうこともあるかもしれません。自分の安全は自分で守りましょう。

露出が多い服装は避けたほうが無難

体のラインを強調した服装は、よくも悪くも注目を浴びます。トレーニング中に自分の体のラインを目にすることでトレーニング効果が上がる場合もありますが、スポーツジムは公共施設です。あまりにも露出が多い服装は避けたほうが無難です。

男性の場合、上半身裸でトレーニングするのが禁止のスポーツジムもあるので、事前にルールを確認しておきましょう。これにより、ハラスメントなどのトラブルを避けることもできます。

ベルトはマシンを使用するときには避けたほうが無難

ズボンの革ベルトを装着しながらマシンを使用するのは、避けたほうがよいでしょう。革ベルトでマシンのシートを傷つけてしまうことがあります。トレーニングウェアのズボンであればそのような問題ありません。

ワイドパンツはエアロバイクを漕ぐときには避けたほうが無難

女性に人気の全体的に幅の広いワイドパンツは、エアロバイクを漕ぐときに裾が機械に巻き込まれてしまうことがあるので、避けたほうが無難です。エアロバイク以外にもステアクライマーやエプティカル・クロス・トレーナーを使用するときにも注意が必要です。

スポーツジムで必要なのは服だけじゃない!

タオル、シューズ、バッグはスポーツジム通いをする人には必須のアイテムです。

タオル

タオルは汗を拭くためのものでもあり、器具に付いた汗を拭きとるためのものでもあります。吸収性に優れたタオルを用意すると、汗をかきやすい季節にも最適です。タオルハンカチのような小さいサイズではなく、大きめのサイズのタオルを選ぶとよいでしょう。

シューズ

シューズは足を守るためのものでもあり、トレーニング効果を上げるためのものでもあります。スクワットやデッドリフトなどの種目ではクッション性に優れたシューズは避けたほうがよいでしょう。足で地面を踏ん張ることが難しくなります。

バッグ

トレーニングウェアやタオルなどを入れるバッグと、室内で飲み物、タオル、ロッカーキーなどを入れるポーチのようなバッグがあると便利です。ナップサックのように簡単にバッグの袋を開け閉めできるものや、汗や汚れに強い素材のバッグがあると便利です。

 

スポーツジムで着用する服装選びのポイントと服装選びの注意点を紹介しました。スポーツジムでは動きやすい服装を心がけて気持ちよく体を動かしてください。また、スポーツジムで必要なのは服だけではありません。タオル、シューズ、バッグも用意して、快適にスポーツジム通いをしましょう。

分からないことがあれば自分だけで悩まずに、勤務員やトレーナーに質問して周囲の利用者に迷惑をかけないようにすることも大切です。あくまでスポーツジムは公共施設であるということを忘れないようにしましょう。

龍ケ崎エリアでおすすめのスポーツジムランキングTOP5

商品画像1
2
3
4
5
商品名スポーツクラブ ルネサンス 竜ヶ崎ニュータウンエニタイムフィットネス龍ヶ崎fitness&spa AXIA龍ケ崎市総合体育館「たつのこアリーナ」ワールドプラスジム龍ヶ崎
特徴豊富な設備と抜群の感染対策で楽しく安全に通える24時間年中無休!充実のマシンと高いセキュリティ天然温泉×フィットネス!温活がコンセプトのジム龍ケ崎市が運営するジムやプールを格安で使えるリーズナブルで続けやすい!24時間のマシンジム
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧